カンボジア人技能実習生の受け入れについて

  • カンボジアからの実習生受け入れ

    • 近年、様々な企業が人手不足と支援の一環としてカンボジアからの実習生の受け入れを強化しています。

      発展途上国では、仕事が不足しているだけではなく、技術面においても発展が遅れている傾向にあります。そのため、他国へと技術面などを学ぶ若者が増加傾向にあります。
      カンボジアの実習生を受け入れている企業としては農業や畜産、工場などが主であり、農家や畜産では生活をしていくために必要となる食べ物の確保に繋がるとして必要とされています。

      カンボジアの実習生に関する情報が幅広く集まります。

      作物の育て方だけではなく、水不足時の対処方法などを学ぶことで、母国の発展に重要な役割を果たしています。しかし、近年では製産などだけではなく、医療や福祉関係の企業においてもカンボジアの実習生の受け入れに力をいれています。



      発展途上国では医療や福祉の面においても技術が発展しておらず、また医療や福祉従事者となる人材を育生することさえも困難であるため、他国へ行き技術を学ぶ傾向にあります。

      高齢化社会である日本は医療や福祉の技術が優れているとされ、高い注目を集めており、日本で学ぶことを希望される方が増加傾向にあります。
      日本では、医療や福祉、更には農業などの企業の人手不足か深刻な問題となっています。
      そのため、カンボジアからの実習生を受け入れることで、発展途上国の技術向上に大きな役割を果たすだけではなく、企業の人手不足解消にも繋がります。
      様々な企業で人手不足が深刻化していくなかで、カンボジアの実習生はますます注目されるものとなっています。