カンボジア人技能実習生の受け入れについて

  • 今、注目されるカンボジア実習生!

    • 一昔前までは、日本にはまだ外国人の数は少なく、育ってきた言葉や文化が違う彼らとは距離を感じることが少なくはありませんでした。


      しかし、近年のグロ−バル化した社会では、優秀な人材を海外から積極的に招いて日本の技術を伝えるというプロジェクトが広がっています。

      カンボジアの実習生の情報ならこちらを参考にしてください。

      カンボジアからの実習生を受け入れるという企画もそのひとつとして挙げられます。
      他の国からの実習生も勿論たくさんいますが、最近は真面目で素直な性格のカンボジアの若者に特に注目が集まっています。

      こういった取り組みは、実習を終えた後、祖国のカンボジアに日本で学んだ技術を還元、国の発展に貢献できるというカンボジア側のメリットだけでなく、受け入れる日本の企業にもたくさんのメリットがあります。



      例えばともすればマンネリになりがちな職場に、若くて新しい風を入れることにより、職場の雰囲気が活性されたり、最初は言葉の壁を感じることがあっても仕事を教えることで、熟年の世代にも国際感覚を養うことができます。

      それだけでなく、実習生を受け入れることで国際化した企業であるというイメ−ジを持たれるようになります。



      この先もますます国際化が進んでいくことは想像に難くありません。

      育った環境や文化は違っても、仕事を通じて同じ目標を持つことで知らず知らずお互いの思いやりを養うということは、技術そのものを発展させることと同じくらい双方の国の将来にとって大きな財産になることでしょう。