カンボジア人技能実習生の受け入れについて

  • カンボジアからの技能実習生送り出し

    • カンボジアは近年目覚ましい経済成長により、様々な産業や工業などが発展し続けています。

      それに伴い、自国の技術力だけでは限界があり先進国の優れた知識や技術の習得が、今後の発展の鍵となる存在です。カンボジアは、8割が農業で暮らす農業国家で若い世代も、早くから農業に携わる事になりますが都会への憧れから農村を離れるケースが後を絶ちません。しかし、都会に来ても満足な教育を受けていないので仕事も限られています。

      カンボジアの実習生はとても評判が良いです。

      都会と田舎では、貧富の差も激しくさらなるカンボジアの発展には、そのような面も改善する余地があります。一方日本では、人口減少に伴い生産人口の減少による生産略の低下が問題となっています。
      そこで、日本企業ではカンボジアの若者を教育して日本企業で技能実習生として、働かせ企業の生産力向上に努めています。


      それは、両国にとっても大きなメリットがあり、今後の経済発展の為にはどうしても必要となる先進国の技術力はカンボジアにとっても魅力です。

      国の将来を担う青少年を教育して、惜しみなく技能と知識を提供する事は、長期的な発展や貧困撲滅に寄与できる為、実習生には大きな期待が高まっています。

      非常に勤勉で真面目な若者たちは、技能習得も早く日本企業でも高い評価を受けています。

      感謝の気持ちを忘れず年配者を敬う気持ちは日本人にも似ています。



      熱心な仏教徒でもあり、様々な面で日本と共通する部分があるので実習生として来日しても大きな力となります。