カンボジア人技能実習生の受け入れについて

  • カンボジアからの職業実習生について

    • 最近、外国人の職業実習生の受け入れが盛んになってきました。

      カンボジアの実習生情報を簡単に請求できます。

      特にアジアからは多くの若者が日本に職業技術を求めやってきています。

      その中でもカンボジアからは毎年たくさんの職業実習生が訪れ、先進国日本の技術をしっかり学び、自国に技術を持ち帰り、経済の発展や振興に大いに貢献しています。

      カンボジアは東南アジアのほぼ中央に位置する国で、隣国にベトナム、タイ、ラオスがあります。


      首都はプノンペンです。北部には世界遺産で有名なアンコールワットがあり、多くの観光客が毎年足を運んでいます。
      おもな産業は農業で、これといった目立つ産業はありません。


      もともと1970年代からの大きな政治改革もあり、90年代に入ってようやく治安が落ち着いてきた国です。


      2000年以降、経済発展が目覚ましく、多くの外国企業が参入していますが、まだまだ発展途上の国です。
      そのような中、日本はインフラの整備や地雷の除去、医療のサポートなどカンボジアに対して非常に多く社会貢献しており、たくさんの若者が日本や日本人に対して尊敬の念を持っています。



      最近の日本は生産人口が減少しており、特に第一次、第二次産業に対する就業人口が減っています。
      一方で、カンボジアは生産人口が増えている一方で、産業が少ないため、多くの若者が就業の機会を欲しています。
      そのため、両国間が技能訓練、産業発展、後継者育成を考え、若者を日本へ職業実習生として送り出しています。


      日本での主な就業先は製造業、農業、漁業、食品加工業などがあります。



      今後も産業発展のために多くのカンボジアの若者たちが日本に就業訓練の機会を求めて訪れるでしょう。